機能 Edit

機能(Function)

1つまたは複数のプロセス活動を実施するために用いられる、人材で構成されるチームまたはグループ、および彼らが使用するツール。例えば、サービスデスクなど

機能という用語には、ほかにも次の2つの意味もある。

関連 Edit

プロセス Edit

プロセス(Process)

特定の達成目標を実現するために設計された、体系的な一連の活動。プロセスでは、1つまたは複数の定義済みインプットを受け取り、定義済みアウトプットに変換する。プロセスには、アウトプットを確実に提供するために必要とされる役割、責任、手段、および管理コントロールなどが含まれる場合がある。また、プロセスでは、必要に応じて方針標準指針活動、および作業指示を定義できる。

memo Edit

  • プロセスの主な結果は顧客利害関係者に提供される*1
  • プロセスが定義する活動は複数の機能で実行される*2
  • プロセスの出力は事業目的に由来する運用基準に準じる*3
  • すべてのITプロセスの目的は事業の利益と目標の観点で明確にする必要がある*4
  • プロセスは標準やガイドラインにポリシーを定義することがある*5

プロセス特徴*7 Edit

  • 測定可能
  • 特定の結果を提供する
  • 特定のイベントに応答する
  • 組織の構造化手法ではない

関連 Edit


Tag: Point サービスマネジメント・ライフサイクル

役割 Edit

役割(Role)

個人やチームに与えられた責任、活動、および職権。役割はプロセス内で定義される。1人の個人または1つのチームに、複数の役割が与えられることがある。例えば、構成マネージャと変更マネージャの役割を1人の要員が実行するなど。

RACI Edit

役割(roles)と責任(responsibilities)の定義を支援するために使用されるモデル*8

RACIは、

  • Responsible(実行責任者)
  • Accountable(説明責任者)
  • Consulted(協議先)
  • Informed(報告先)

の略称である。

同義語 Edit

職務権限マトリクス(Authority Matrix)

関連 Edit


Tag: Point サービスマネジメント・ライフサイクル

プロセス・オーナ Edit

プロセス・オーナ(Process Owner)

プロセスが目的に適しているようにすることを責務とする役割。プロセス・オーナの責任には、プロセスとその測定基準に対する後援、設計変更管理、および継続的改善が含まれる。この役割は、プロセス・マネージャの役割を担う人に割り当てられることが多いが、大規模な組織では、これらの役割は分離される場合がある。

サービス・オーナ Edit

サービス・オーナ(Service Owner)

特定のITサービスの提供に対する説明責任を持つ役割

memo Edit


Tag: Continual Service Improvement

プロセス・マネージャ Edit

プロセス・マネージャ(Process Manager)

プロセス運用管理を責務とする役割。プロセス・マネージャの責任には、プロセスの実行、モニタリング、および報告に必要とされるすべての活動計画立案と調整が含まれる。1つのプロセスに複数のプロセス・マネージャがいる場合がある。例えば、拠点ごとの変更マネージャや、データセンタごとのITサービス継続性マネージャなど。プロセス・マネージャの役割は、プロセス・オーナ役割を担う人に割り当てられることが多いが、大規模な組織では、これらの役割は分離される場合がある。




*1 AT/053
*2 AT/053
*3 AT/071
*4 AT/071
*5 AT/071
*6 AT/071
*7 AT/060
*8 AT/002
*9 AT/125

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 下位頁新規  一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-22 Mon 06:55:32 JST (3431d)